人物篇  > 日本医学史 > 野口英世

前項目  目次  次項目

野口英世 

生い立ち

野口英世 (1876-1928).

野口英世(幼名 清作*1)(1876-1928)は,福島県猪苗代町の貧しい農家に生まれた.1歳の時,いろりに落ちて火傷を負い,左手が不自由になったハンディキャップを乗り越えて高等小学校を卒業.16歳の時,隣町の開業医,会陽医院の渡部鼎に火傷で癒着した指を切り離す手術を受けた縁で,医家書生となった.渡部鼎は,カリフォルニア大学医学部に留学,サンフランシスコで開業した経歴があり,ドイツ医学優勢の当時としては珍しく英語の医学蔵書が豊富であった.野口はこれを読破し,1896年に 医術開業試験 の前期試験に合格,上京して私立医学校済生学舎に学び,翌年には後期試験にも合格して医師免許を手にした.しかし左手がまだ不自由*2であることもあり,臨床よりも基礎医学の道を選び,北里柴三郎の伝染病研究所に入所した.

*1 1898年,本名「清作」を「英世」 と改名.当時の流行小説,坪内逍遥の「当世書生気質」に登場する借金を抱えながら放蕩生活を送る医学生 野々口精作と名前が似ており,借金癖があり無鉄砲な生活を送る自分がモデルであるように思われるのを懸念してのことと言われる.英世は「世に優れる」の意味で,高等小学校の恩師小林栄による.

*2 1884年(9歳),1897年(16歳)に,癒合した手指を分離する手術を受けていたがまだ不充分で,医術開業試験の受験にあたって打診などの手技に支障をきたすことから,1897年に東京帝国大学外科の 近藤次繁 が手背からの有茎皮弁を用いた形成手術を行った.試験には無事合格したが,やはり変形は残っていた.野口は写真撮影にあたっては常に左手を隠しており,左手が見えている写真はほとんどない.

図1. 脳組織中の梅毒スピロヘータ(→)[3]

アメリカへ

1899年,米国ペンシルベニア大学の病理学者フレクスナー(Simon Flexner, 1863-1946)が北里研究所を訪問した際,英語力を買われて通訳を務めた縁を頼りに,野口はその翌年フレクスナーのもとに事前の断りもなく押しかけるように留学した.当初与えられた研究テーマは,危険なため誰もやりたがらなかった蛇毒の研究であったが,野口は成果をあげて高く評価された.1904年にはロックフェラー研究所に移り,1913年,進行麻痺,脊髄癆患者の脳,脊髄の病理組織標本に,梅毒病原体のスピロヘータを確認し,脳梅毒がスピロヘータ感染症であることを初めて証明した(図1).

黄熱

1918年,当時南米で猛威をふるっていた黄熱(yellow fever)の研究のためエクアドルを訪れた野口は,到着後わずか9日目にして,黄熱の病原体を発見したと発表,世界の医学界に衝撃を与えた.そしてこの病原体をLeptospira icteroides (黄熱レプトスピラ)と名付けた(図2).しかし,このとき野口は重大な過ちを犯したことに気づいていなかった.現地で黄熱と診断されていた患者の多くが,実はよく似た症状を呈するワイル病であった.現地の医師も黄熱とワイル病を混同しており,野口が発見したのはワイル病の病原体であった.これをもとに「野口ワクチン」が製造され,一時期有効とされたが,黄熱が自然収束に向かっていたためと思われる.実際その後,世界中の研究者から野口の報告に疑問が投げかけられ,さらにアフリカのガーナで黄熱が流行し,ワクチンが無効であるとの報告が相次いだ.1927年11月,野口はこれを解明するべくガーナに渡ったが,半年後の1928年5月,自ら黄熱の犠牲となって世を去った*

図2. 野口が黄熱の病原体として報告したレプトスピラ(光学顕微鏡写真).実際はワイル病の病原体であった[4].

黄熱の原因が濾過性病原体(ウイルス)である可能性は,以前から指摘されていた.1898年の米西戦争に際して,キューバで多くの兵士が黄熱の犠牲になったことから,アメリカ陸軍はリード (Walter Reed)を長とする調査団を派遣し.リードは黄熱の原因が濾過液病原体であると考え,蚊によって媒介されることを証明した.このことは,1903年に開始されたパナマ運河建設に際して黄熱感染予防に大きく貢献した.黄熱ウイルスを初めて分離したのはイギリスの細菌学者ストークス(Adrian Stokes, 1887-1927)で,野口がガーナに旅立った1927年のことである.1937年,ロックフェラー研究所のウィルス学者タイラー(Max Theiler, 1899-1972)が,黄熱病ワクチンの開発に成功した(1951年ノーベル生理学医学賞受賞).

* 野口英世は,その晩年に黄熱の研究を行い,自らもその犠牲となったことから,日本で黄熱研究者としての側面がしばしば強調される.しかし実際にその病因論,治療法開発の面における医学的貢献は乏しく,残念ながら一般的な黄熱研究史にその名前はほとんど登場しない[5].

相次ぐ誤報

野口は,この他にも梅毒スピロヘータの純粋培養(1911年),ポリオ(1913年),狂犬病(1913年),黄熱(1918年),トラコーマ(1927年)の病原体発見なども報告しているが,いずれも誤報であった.ポリオ,狂犬病,黄熱については,ウイルス感染症であり,光学顕微鏡しかなかった当時,そもそも発見は不可能であった.なぜこれほど誤報が多かったのか,理由はいくつか挙げられている.初期の段階で,脳脊髄組織中の梅毒病源体の発見に成功したことから,光学顕微鏡による病源体発見という方法論に固執したことに加え,野口が著した200編以上の論文の半数以上が,自ら所属するロックフェラー研究所が発行するJournal of Experimental Medicineに投稿されており,研究内容の査読が不充分であったことも一因とされる.

その医学的業績については評価の分れるところであるが,努力の人であったことは確かで,私生活面では若い頃から借金をしては豪遊する放蕩癖があったものの,その反優等生的な側面と合わせて広く愛される「偉人」であり続けるであろうことは間違いない[1,2].

出典